北欧雑貨のトリコ

北欧のインテリア、雑貨、食器に囲まれて暮らすのが夢。北欧系の日記の他、雑談や子育てのことなどなど、のんびりと書いていきたいと思います。

 

子供のこと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息子の便秘、その後

毎日の夜ごはんはほぼクックパッドにお世話になっている私です。

今日はクックパッド様を参考に、カレー鍋にする予定です。(単に面倒ってのもあり)


さて、しばらく書いてなかった息子くんの便秘話の続きをしようと思います。


先日、病院で浣腸をして以来、やはり出る気配がない・・・


が!

ついに!

今朝!!

「おなかいたい・・・(涙)」という訴えとともに、なんとひさしぶりに自力でスッキリすることができました!!


何をしてもまったくダメ、薬も効かない、もう浣腸しか頼れるものはないのね・・・と諦めてただけに、今朝のスッキリには感動しました。

あぁ、本当によかったです。

それもこれも、もしかしたらコレのおかげかも。


ある日、ポストに投函された。

IMG_2754.jpg

中を開けると・・

IMG_2753.jpg

じゃん!カイテキオリゴというものです。

知っている人もいるんだろうか?





もう、藁にもすがる思いというのはこういうことなんでしょうね。

どんな手を尽くしたらいいのかわからない、いや、もはや尽くしようがなくなってしまった私。

前々から気になっていたカイテキオリゴをついに試す時がきた。

大人だけでしょ?と思ってたら、赤ちゃんから使えるらしいので安心してポチリ。


人によって、飲み始めて3日位で出たり、1週間かかったり、1ヶ月以上継続して効果が現れたり、と様々だそうなので、まずはこの1袋を飲みきろうと思って始めました。

結局、半月位でやっと出てきてくれましたが。

飲み続けるとさらに出やすくなってくれるようなので、これからも続けていきたいなぁと思います。
スポンサーサイト

息子の辛すぎる便秘、つづき。

こんばんは。

今朝に書いた記事の続きが気になっていらっしゃる方がいるかもしれないと思いまして(いや誰もいないでしょ)、早々と更新しようとしている次第です。


さて、浣腸をしてあとは出すだけの状態になった息子なわけですが、これが・・・待てど・・・暮らせど・・・

出てこないのはなんでよ!?

いつもなら、浣腸すれば5分以内にスッキリするのに、この日はどういうわけか、痛がってはいるけどモノが出てこない・・・

これはどうやら、かなりの強敵であることをその時察しました。

おばあちゃん看護師さんも心配してくれます。

そしてついに、先生を呼んできてくれることに。

いったいどうなることやらと見学していると、なにやら先生は両手に緑色のゴム手袋をおはめになったではありませんか。


これは・・・もしや・・・


その予感、的中~♪(って、なんでうれしそうなのか)


あえて書かなくてもおわかりだと思いますのでご想像におまかせしますが、あれは想像を絶する痛さだったと思います。

本当に母として、何もできず不甲斐なく、悲しく、そして先生にも申し訳ないです・・・



便秘にはどうやら3段階あるらしく、息子は一番最悪な段階にあるそうです。

整腸剤やラキソベロンという薬を飲んでますが、全然自然に出てくる気配がないのです。

そして1週間便秘となり、浣腸して・・・という、まさに悪循環じゃないの!!

IMG_2745.jpg
すべりだいに寝そべってる場合ではありません。


水分も取るのに、ご飯も食べるのに、マッサージもしてるのに、それなりに食事にも気をつけてるつもりだし、欠かさず薬も飲んでるのに、なのに出ないなんて・・・

まさか、こんなに便秘で悩むとは思っていませんでした。

だって、1歳くらいの時なんて、普通に出てましたからね。

なんでこんなふうになっちゃったのかしら??


そしてわたしは、母としてできることをやってみよう!と思い、ある便秘改善グッズ?を試してみることに決めたのですが、その話はスペースの都合上また今度です。


よかったら、つづきも読んでください。

1週間出ないの当たり前!頑固な便秘で困ってます・・・

おはようございます。

今日は、子どものしつこい便秘のことについて少し話したいと思います。


我が家の2歳の息子なんですが、いつの頃からでしょう?気が付いたら重度の便秘になっておりまして。

こちらかで何らかの努力をしなければ、1週間でないなんてザラでございます。

先日も、出ない毎日が続いたためかかりつけの小児科へ・・・(とほほ、気が重いわ~)

お腹の中にたまりまくっているアイツを取り出してもらいに行きました。

さ、いざ浣腸です!


子供をベッドに寝かせると同時に、

ぎゃぁぁぁあああ~

と、泣き叫びまくる息子。

あぁ、ごめんね、痛いよね・・・でもがんばってね、と思いながら、私も手を押さえて浣腸しやすいように応戦します。

が、2歳児のパワーはハンパないのでしょう、足をバタバタさせるので薬がうまくお尻の中に入らず、半分以上は出てきてしまいました・・・


するとおばあちゃん看護師さんは言います。

「もう一回入れようね」


えぇぇぇぇぇぇえええ~!!もう一回入れるのん?それって本気なのん?

とかなんとか考えてるうちに、2つ目の浣腸到着です。

今度はおばあちゃん看護師さん、看護師さん、どーこまる、の3人態勢で臨むことに。

わたしは引き続き手を押さえるという重要な係をまかされました。


さ、いざ、注入~~~!

顔を真っ赤にしながら必死に抵抗する息子が、本当にかわいそうだったし、どうにもできない自分が情けなかったり・・・。

ホント、便秘ってどうしたらいいんですかね?


苦しい浣腸が終わると、どうやらお腹が痛くなってきた模様。

さぁ、スッキリと出して早くおうちに帰ろうじゃないか!と母はのんきに考えていたんですが、現実はそう簡単にはいかなかったのです・・・


to be continued...
(つづくのかい!!)
ファミコン用語
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。